賢く不動産を使う

不動産は賢く利用する


トップ » 不動産は賢く利用する

不動産を理解して賢く取引しよう

お家や住まいにはアパート・マンション・一戸建て・借家・公営住宅などさまざまなものがあり、こちら全て不動産です。それでは、不動産を取引する時にはどういった点に注意すれば良いのでしょうか?それは、やはり素人では難しい部分がありますので、いろんな物件と比較する事をオススメします。なぜなら、同じような物件を比較し、たくさんの物件を見る事で、価格の目安を判断基準にできるからなのです。ですから、価格の目安を判断基準にできるようになると、より良いお家選びを行う事ができるからなのです。

不動産と分譲と仲介の違い

不動産の売買の形態は分譲と仲介とがあります。分譲とは、売り主が直接買い主と売買契約を結ぶ方法を指します。例えば、開発業者が土地を開発して建築し、その業者が販売をするというのがこれに当たります。これに対して、仲介とは売り主と買い主との間に仲介業者が入る方法を指します。仲介業者が間に入って交渉を行ったり、あるいは色々な条件を調整したりします。契約も仲介業者が手続きを行ってくれます。大規模に開発された地域の新築一戸建てや新築マンションなどの場合には分譲がが多く、中古物件では不動産屋が仲介を行うことが多いです。