給与前払いサービスを利用するとメリットがあります

給与前払い サービス

通常、給与は毎月決められた日にちに振り込まれます。しかし、中には給与日を待ちかねている人も多くいます。生活費だったり銀行引き落としの日にちが近かったり、急な出費があったりと、理由はさまざまです。しかし、多くの場合、日払いや週払いではない為、毎月の決まった日を待つしかありません。それ故に給与日は何処の銀行も混雑します。そして、求人などを見ると日払いや週払いの仕事も多く見受けられます。要するに、給与を給与日前に手にしたい人は多いという事になります。その需要も数多だとも言えます。もちろん、そういった事を感じていない人もいるでしょう。しかし、急な出費は突然やってきます。そういった場合に、どうする事もできないのは、厳しいですね。そんな人たちに、給与前払いのサービスについてご紹介していきます。

給与前払いのサービスの仕組みについて

給与前払いのサービスとは、その名の通りです。毎月決まった日に支払われる給与を、その日を待たずに払う事が可能になるサービスの事になります。これは従業員側だけでは実現せず、企業側と双方が合意して受けるものになります。その仕組みは、至ってシンプルです。給与日前に給与を前払いで受け取れるサービスですが、もちろん全額ではありません。その申請した日までに実際に働いた分から、一定額が支払われます。ですので、前借りとは異なるのです。従業員にとっては非常にメリットの大きなサービスですが、企業にとっては負担が大きくなるものです。それ故に、給与前払いを行ってくれる会社が存在します。いくつかそういった会社があり、特徴も様々です。では、導入するにあたってメリットやデメリットを確認していきましょう。

給与前払いのサービスを利用するメリットとデメリット

給与前払いサービスのメリットを挙げていきます。このサービスの大半は、導入や運用にコストがほとんどかかりません。給与前払いが可能というアピールができる為、求人の募集者数を増やせます。高い福利厚生になる為、離職率を減らす事もできます。従業員の金銭リスクを減らす事も可能です。デメリットは、手数料がかかる場合がある事です。また、サービス会社との勤怠システムの連携が必要なので、その連携が容易かどうか、コストがかかるかどうかは、しっかりと確認しておきましょう。給与前払いのサービス会社はいくつかありますので、導入する前にどういった会社なのか、コストはどれだけかかるのか、サービス面はきちんとしているのか、確認しておかないと失敗してしまうかもしれません。企業側にも従業員側にもメリットの大きなサービスですので上手に活用していきましょう。