不動産資格のいろいろ

不動産取引スペシャリスト


トップ » 不動産取引スペシャリスト

不動産に関連した資格

不動産業に関連した資格はたくさんあります。代表的なものに宅地建物取引主任者になります。これは基本的な資格といってもいいかもしれません。建物の建築に関しては建築士があります。他には土地家屋調査士というものもあります。不動産賃貸の仕事に関していうと、管理業務主任者というものもあります。マンションの知識が問われるマンション管理士というものもあります。まだまだたくさんありますが、いずれも専門的な知識を習得することで、より高度で専門的な仕事を行えるようになるわけです。宅地建物取引主任者も数年ごとに更新がありますし、必須のものです。

建物や土地に関する資格

建物や土地といった不動産に関する資格として、宅地建物取引主任者資格試験、すなわち、宅建があります。宅地建物取引主任者試験は、そのの売買やその賃貸などのような取引に関する重要な説明事項を説明することができるものであり、民法に関する基本的知識、建築基準法に関する基本的知識、所得税や相続税や贈与税などのような租税に関する基本的知識、宅地建物取引主任者取引業法に関する基本的知識などの試験内容である宅地建物取引主任者試験に合格する必要があります。また、その合格後、実務講習などを受ける必要性があります。宅地建物取引主任者は、不動産取引のスペシャリストです。