不動産を購入する価値

将来に備えて不動産購入


トップ » 将来に備えて不動産購入

買っておいても損はない不動産

家が欲しいなどのときは土地が必要になってきますね。一戸建てを建てたりするときに必要なので、買ったり、借りたりすることが必要ですね。結構高いものですが、買うといつまでも家に住むことができますが、借りると、何年住むことができるということが決まっているので、できれば買いたいものですね。不動産というものは、とても高いものなので、なかなか手が出ないという人も結構いるかと思われますが、不動産というものは、いろいろと買ったり売ったり、投資をしたりと使用する方法はかなりあるので、買っておいても損はないかとおもわれます。

利回りの目安を決めて収益不動産

不動産賃貸経営は、自分が決めた利回りを上回るような物件を購入して、黒字経営を続けていくものです。少し前の収益不動産というと、ローンの支払いで赤字になるようなものがあり、節税対策として行われるものでした。今の不動産賃貸経営は、ワンルームマンションであっても黒字を目指すものになっています。そのためには、利回りを重視した収益不動産選びがとても大切になってきます。利回りはできれば10%以上を目指しましょう。ただ、周辺相場と比べて高すぎる利回りには要注意です。