不動産の相続について

不動産相続は生前がお勧め


トップ » 不動産相続は生前がお勧め

生きている間に不動産譲渡する

遺書を実際に書いたとしても、その効力が発揮できているのかは本人は分かりません。なぜなら亡くなっているからです。それでは、自分の意思が伝わっているかがわからないということから生前贈与ちして不動産を分配することがあります。今死ぬ人と言うことではなく、まだ元気なうちに行うことが一般的です。土地や建物は割り切ることは難しいので一方は土地をもらい、一方はお金をもらうなどの資産の分け方が多くなるでしょう。しかし、贈与する人が頑なに拒み、一人の人に譲ると言い張ってしまえばその人にすべて託されることになるので、不動産の持ち主の意向が反映されます。

税金がかからない生前贈与の額

金銭や不動産、価値のある物品などを与えることを贈与と言います。そして、家族や他人に対して、贈与する人が生きている間に贈与することを「生前贈与」と言います。生前贈与が行われる理由の一つは、節税対策です。贈与税は、1年間に110万円を超える金銭や不動産の贈与を受けた場合に申告しなければなりません。つまり、1年間に110万円以下であるなら、贈与税はかかりません。例えば、毎年110万円の金銭を子供に贈与すると、5年間で550万円を無税で贈与することができます。このような制度をうまく使いこなして行くと良いでしょう。