不動産の名義の変更

所有の不動産の名義は?


トップ » 所有の不動産の名義は?

不動産の名義を変更するには

名義変更という時、一般的には相続による所有権移転登記をさしています。亡くなった方が不動産を所有していた時、亡くなった方から相続人名義に登記名義を移転します。これが相続登記です。一般的な相続登記のやり方としては、相続人が遺産分割協議を行い遺産分割協議書を作成しあとは戸籍等を添付して法務局へ登記の申請をします。不動産登記は原則共同申請、つまり登記権利者と登記義務者が共同して申請することになっていますが、相続登記は例外で単独申請、つまり相続人のみによる申請ができます。しかし、一般的には登記の専門家である司法書士に依頼する方が多いようです。

名義変更はお忘れなく

不動産の名義変更は一生のうちで一度あるかないかのことです。しかし、土地や建物などを相続などで手に入れた場合は、そのままにしないで名義変更をしておかないといけないのです。もちろん、後になってからでも遅くはありません。しかし、時間が経つと他の相続人からの承諾が得られなくなってくるからです。相続人が複数いる場合には、遺産分割協議を行わないと自分への名義の変更ができない可能性が高くなってきます。それも相続人全員の実印と印鑑証明書を用意しなければなりません。不動産の名義変更は、後になるほど揉めることが多くトラブルになってしまいます。