マンションを所有する

マンションの安全性について


トップ » マンションの安全性について

賃貸マンションのルール

賃貸マンションは、一人のオーナーが建物全体を所有している家主さんの場合と、分譲マンションの部屋を持つオーナーがそれを賃貸する場合があります。一人のオーナーが所有するマンションなら規約は統一されていますが、分譲マンションの場合、オーナーは所有者であると同時に、マンション全体の管理規約を守らなければいけない立場です。たとえば、ペット飼育について、マンション全体の管理規約で禁止されていれば、オーナーが許可することはできません。

マンションで賃貸経営をする

不動産投資が人気になっています。その中でも、ワンルームマンションの経営は比較的小規模な金額で投資を開始することができるので、日中仕事をしているサラリーマンの副業として利用者が増えてきています。とはいえ、不動産の価格は高額となるので、十分知識を得て、調査をしてから投資を開始したいものです。なにはともあれ、入居者が確保しやすい魅力あるマンションを探すことが肝要です。したがって、物件は最低一度は目で見て確認しておくことが大事です。